脱毛中の日焼け止めの基礎知識

脱毛中は、紫外線対策をしっかり行う必要があります。

そこで今回は、日焼け対策に必須である「日焼け止め」の基礎知識について、お話することにしましょう。

 

SPF

まずは、日焼け止めパッケージに記載されている「SPF○○PA+」などのSPFの部分についてです。

これは、「サン・プロテクション・ファクター」の略です。

しみの原因となる紫外線B波の防止効果を表します。

 

「○○」の部分には、「日焼けが始まるまでの時間を何倍に遅らせることができるのか」という数値が入ります。

通常日焼けは、紫外線を受けてから20分ほどで炎症が始まると言われています。

例えば「SPF30」の場合には、20分の30倍が防止できる時間ということになります。

ですので、600分紫外線による日焼けを遅らせることができる、というわけなのです。

 

SPFは、紫外線カット力の数値ではなく、日焼けまでの時間を遅延させる数値だということを覚えておきましょう。

長時間のレジャーなどには、SPFが高いものを選ぶようにするといいですね。

 

PA

次に、「SPF○○PA+」の「PA+」の部分です。

これは、「プロテクショングレイドオブUV-A」の略です。

 

「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階に分かれており、+の数が多いほど紫外線A波に対する防止効果が高まります。

SPFは日焼けまでの時間を遅延させるものでしたが、PAは紫外線の強い・弱いによって選ぶべきものになります。

海やレジャーなど紫外線が強いところに出掛ける場合は、PAが高いものを選ぶようにしましょう。

 

以上、「SPF」と「PA」について、ご説明しました。

「実は知らなかった…」なんて方も多いのではないでしょうか。

 

脱毛中は、お肌を守るためにもしっかりと日焼け対策をする必要があります。

今回ご説明した基礎知識をもとに、TPOに合わせた日焼け止めを選んでくださいね。

 

コメントは受け付けていません。